JP EN

Welcome to Keiichi Imato's Page

広島大学 大学院先進理工系科学研究科 応用化学プログラム

機能性色素化学(大山 陽介)研究室

助教今任 景一

Assistant Professor Keiichi Imato

学歴

2003年 4月
2006年 3月
福岡県立福岡高等学校
2006年 4月
2010年 3月
九州大学 工学部 物質科学工学科
指導教員|高原 淳 先生
2010年 4月
2011年 9月
九州大学 大学院工学府 物質創造工学専攻 修士課程
指導教員|高原 淳 先生
2011年 10月
2014年 9月
九州大学 大学院工学府 物質創造工学専攻 博士課程
博士(工学)取得
指導教員|高原 淳 先生
2013年 6月
2014年 9月
東京工業大学 大学院理工学研究科 有機・高分子物質専攻 特別研究学生
指導教員|大塚 英幸 先生

職歴

2012年 4月
2014年 9月
日本学術振興会 特別研究員 DC1
2014年 10月
2015年 3月
日本学術振興会 特別研究員 PD
2014年 10月
2015年 3月
東京工業大学 大学院理工学研究科 有機・高分子物質専攻 特別研究員
大塚 英幸 研究室
2014年 11月
2015年 3月
スイス フリブール大学 訪問研究員
Christoph Weder 研究室
2015年 4月
2016年 3月
東京工業大学 大学院理工学研究科 有機・高分子物質専攻 博士研究員
大塚 英幸 研究室
2016年 4月
2018年 12月
早稲田大学 先進理工学部 生命医科学科 助教
武田 直也 研究室
2019年 1月
2020年 3月
広島大学 大学院工学研究科 応用化学専攻 助教
大山 陽介 研究室
2020年 4月
現在
広島大学 大学院先進理工系科学研究科 応用化学プログラム 助教
大山 陽介 研究室

研究内容(作成中)

論文

29

Self-Healing Polyurethane Elastomers Based on Charge-Transfer Interactions for Biomedical Applications

Keiichi Imato*, Hidekazu Nakajima, Ryota Yamanaka, Naoya Takeda*

Polym. J., in press.
28

Development of Optical Sensor for Water in Acetonitrile Based on Propeller-Structured BODIPY-Type Pyridine-Boron Trifluoride Complex

Shuhei Tsumura, Kazuki Ohira, Keiichi Imato*, Yousuke Ooyama*

RSC Adv. 2020, 10 33836-33843.

Open Access

27

Synthesis, Optical and Electrochemical Properties of Propeller-Type 3,5,8-Trithienyl-BODIPY Dyes

Shuhei Tsumura, Kazuki Ohira, Kosuke Hashimoto, Keiichi Imato*, Yousuke Ooyama*

Mater. Chem. Front. 2020, 4 2762-2771.
26

Fluorescent Supramolecular Mechanophores Based on Charge-Transfer Interactions

Keiichi Imato*, Ryota Yamanaka, Hidekazu Nakajima, Naoya Takeda*

Chem. Commun. 2020, 56, 7937-7940.
25

Development of Fluorescent Sensors Based on a Combination of PET (Photo-induced Electron Transfer) and FRET (Förster Resonance Energy Transfer) for Detection of Water

Daisuke Jinbo, Kazuki Ohira, Keiichi Imato, Yousuke Ooyama*

Mater. Adv. 2020, 1, 354-362.

Back Cover and Open Access

24

Cell Adhesion Control by Photoinduced LCST Shift of PNIPAAm-Based Brush Scaffolds

Keiichi Imato, Kazuho Nagata, Rina Watanabe, Naoya Takeda*

J. Mater. Chem. B 2020, 8, 2393-2399.

Front Cover

23

Phenazine-Based Photosensitizers for Singlet Oxygen Generation

Keiichi Imato, Kazuki Ohira, Masakuni Yamaguchi, Toshiaki Enoki, Yousuke Ooyama*

Mater. Chem. Front. 2020, 4, 589-596.
22

Development of an Intramolecular Charge Transfer-Type Colorimetric and Fluorescence Sensor for Water by Fusion with a Juloidine Structure and Complexation with Boron Trifluoride

Keiichi Imato, Toshiaki Enoki, Yousuke Ooyama*

RSC Adv. 2019, 9, 31466-31473.

Open Access

21

Synthesis, Photophysical and Electrochemical Properties of Pyridine, Pyrazine and Triazine-Based (D–π–)2A Fluorescent Dyes

Keiichi Imato, Toshiaki Enoki, Koji Uenaka, Yousuke Ooyama*

Beilstein J. Org. Chem. 2019, 15, 1712-1721.

Invited Article

20

Fluorescent Sensor for Water Based on Photo-Induced Electron Transfer and Förster Resonance Energy Transfer: Anthracene-(aminomethyl)phenylboronic Acid Ester-BODIPY Structure

Daisuke Jinbo, Keiichi Imato, Yousuke Ooyama*

RSC Adv. 2019, 9, 15335-15340.

Open Access

19

The Photoregulation of a Mechanochemical Polymer Scission

Jumpei Kida, Keiichi Imato, Raita Goseki, Daisuke Aoki, Masakazu Morimoto, Hideyuki Otsuka*

Nat. Commun. 2018, 9, 3504.

Open Access

18

Photoresponsive Fiber Scaffolds with Core-Sheath Nanostructure for Regulating Cell Behaviors

Kazuho Nagata, Tetsuya Kurebayashi, Keiichi Imato, Naoya Takeda*

J. Mater. Chem. B 2018, 6, 2052-2056.

Back Cover and Open Access

17

Reorganizable and Stimuli-Responsive Polymers Based on Dynamic Carbon-Carbon Linkages in Diarylbibenzofuranones

Keiichi Imato, Hideyuki Otsuka*

Polymer 2018, 137, 395-413.

Front Cover

16

Photoregulation of Retro-Diels-Alder Reaction at the Center of Polymer Chains

Jumpei Kida, Keiichi Imato, Raita Goseki, Masakazu Morimoto, Hideyuki Otsuka*

Chem. Lett. 2017, 46, 992-994.
15

Dynamic Covalent Diarylbibenzofuranone-Modified Nanocellulose: Mechanochromic Behaviour and Application in Self-Healing Polymer Composites

Keiichi Imato, Jens C. Natterodt, Janak Sapkota, Raita Goseki, Christoph Weder*, Atsushi Takahara*, Hideyuki Otsuka*

Polym. Chem. 2017, 8, 2115-2122.
14

Enhancing Mechanochemical Activation in the Bulk State by Designing Polymer Architectures

Hironori Oka, Keiichi Imato, Tomoya Sato, Tomoyuki Ohishi, Raita Goseki, Hideyuki Otsuka*

ACS Macro Lett. 2016, 5, 1124-1127.
13

Polymer-Inorganic Composites with Dynamic Covalent Mechanochromophore

Takahiro Kosuge, Keiichi Imato, Raita Goseki, Hideyuki Otsuka*

Macromolecules 2016, 49, 5903-5911.
12

Repeatable Mechanochemical Activation of Dynamic Covalent Bonds in Thermoplastic Elastomers

Keiichi Imato, Takeshi Kanehara, Shiki Nojima, Tomoyuki Ohishi, Yuji Higaki, Atsushi Takahara*, Hideyuki Otsuka*

Chem. Commun. 2016, 52, 10482-10485.

Back Cover and Open Access

11

Autonomously Substitutable Organosilane Thin Films Based on Dynamic Covalent Diarylbibenzofuranone Units

Rina Yoneyama, Tomoya Sato, Keiichi Imato, Tomoyuki Ohishi, Yuji Higaki, Atsushi Takahara*, Hideyuki Otsuka*

Chem. Lett. 2016, 45, 36-38.
10

Mechanochromic Dynamic Covalent Elastomers: Quantitative Stress Evaluation and Autonomous Recovery

Keiichi Imato, Takeshi Kanehara, Tomoyuki Ohishi, Masamichi Nishihara, Hirofumi Yajima, Masayoshi Ito, Atsushi Takahara*, Hideyuki Otsuka*

ACS Macro Lett. 2015, 4, 1307-1311.
9

Metathesis-Driven Scrambling Reactions between Polybutadiene or Naturally Occurring Polyisoprene and Olefin-Containing Polyurethane

Tomoyuki Ohishi, Kaori Suyama, Shigehisa Kamimura, Masahide Sakada, Keiichi Imato, Seiichi Kawahara, Atsushi Takahara*, Hideyuki Otsuka*

Polymer 2015, 78, 145-153.
8

Self-Healing of a Cross-Linked Polymer with Dynamic Covalent Linkages at Mild Temperature and Evaluation at Macroscopic and Molecular Levels

Keiichi Imato, Atsushi Takahara*, Hideyuki Otsuka*

Macromolecules 2015, 48, 5632-5639.
7

Diarylbibenzofuranone-Based Dynamic Covalent Polymer Gels Prepared via Radical Polymerization and Subsequent Polymer Reaction

Keiichi Imato, Masamichi Nishihara, Atsushi Irie, Atsushi Takahara*, Hideyuki Otsuka*

Gels 2015, 1, 58-68.
6

Mechanophores with a Reversible Radical System and Freezing-Induced Mechanochemistry in Polymer Solutions and Gels

Keiichi Imato, Atsushi Irie, Takahiro Kosuge, Tomoyuki Ohishi, Masamichi Nishihara, Atsushi Takahara*, Hideyuki Otsuka*

Angew. Chem. Int. Ed. 2015, 54, 6168-6172.
5

Network Reorganization of Dynamic Covalent Polymer Gels with Exchangeable Diarylbibenzofuranone at Ambient Temperature

Keiichi Imato, Tomoyuki Ohishi, Masamichi Nishihara, Atsushi Takahara*, Hideyuki Otsuka*

J. Am. Chem. Soc. 2014, 136, 11839-11845.
4

Plasticizer-Promoted Thermal Cross-Linking of a Dynamic Covalent Polymer with Complementarily Reactive Alkoxyamine Units in the Side Chain under Bulk Conditions

Jing Su, Keiichi Imato, Tomoya Sato, Tomoyuki Ohishi, Atsushi Takahara*, Hideyuki Otsuka*

Bull. Chem. Soc. Jpn. 2014, 87, 1023-1025.
3

Insertion Metathesis Depolymerization of Aromatic-Disulfide-Containing Dynamic Covalent Polymers under Weak Intensity Photoirradiation

Tomoyuki Ohishi, Yoko Iki, Keiichi Imato, Yuji Higaki, Atsushi Takahara*, Hideyuki Otsuka*

Chem. Lett. 2013, 42, 1346-1348.
2

Reversibly Cross-Linked Polymeric Micelles Formed by Autonomously Exchangeable Dynamic Covalent Bonds

Masamichi Nishihara, Keiichi Imato, Atsushi Irie, Takeshi Kanehara, Arihiro Kano, Atsushi Maruyama, Atsushi Takahara*, Hideyuki Otsuka*

Chem. Lett. 2013, 42, 377-379.
1

Self-Healing of Chemical Gels Cross-Linked by Diarylbibenzofuranone-Based Trigger-Free Dynamic Covalent Bonds at Room Temperature

Keiichi Imato, Masamichi Nishihara, Takeshi Kanehara, Yoshifumi Amamoto, Atsushi Takahara*, Hideyuki Otsuka*

Angew. Chem. Int. Ed. 2012, 51, 1138-1142.

Inner Cover and Highlighted in RSC Chemistry World 2011 and Nat. Chem. 2012, 4, 80-82.

雑誌カバー

著書

14

色素増感太陽電池用色素の変遷

今任 景一, 大山 陽介

光化学 2019, 50, 169-176.
13

刺激に応答する動的なバイオマテリアル

今任 景一

バイオマテリアル -生体材料- 2018, 36, 242.
12

チップ基材の表面形状および性状が細胞に与える影響

今任 景一, 武田 直也

臓器チップの技術と開発動向 2018, シーエムシー出版, 48-56.
11

灌流培養のための紙を使った自律駆動型連続送液システムの設計

有坂 慶紀, 尾﨑 愛, 今任 景一, 武田 直也

バイオマテリアル -生体材料- 2018, 36, 156-157.
10

可逆的かつ長期安定的に高い細胞パターニング機能を実現するスピロピラン導入光応答性ソフト界面の創製

有坂 慶紀, 何 迪, 今任 景一, 武田 直也

Colloid and Interface Communication 2018, 43, 20-23.
9

Self-Healing Polymers through Dynamic Covalent Chemistry

Keiichi Imato, Hideyuki Otsuka

Dynamic Covalent Chemistry: Principles, Reactions and Applications 2017, Wiley, 359-387.
8

可逆的な炭素–炭素結合に基づく動的共有結合ポリマーゲル

今任 景一, 後関 頼太, 大塚 英幸

ネットワークポリマー 2016, 37, 31-40.
7

動的共有結合ポリマーの開発 –自在に構造変換できる高分子を目指して–

大塚 英幸, 後関 頼太, 今任 景一

化学と教育 2016, 64, 98-101.
6

高分子鎖を介して分子を引っ張る! –力で生じる化学反応

今任 景一, 後関 頼太, 大塚 英幸

化学 2015, 70, 70-71.
5

動的共有結合化学に基づく高分子の自己修復

今任 景一, 大塚 英幸

日本画像学会誌 2015, 54, 221-228.
4

完全自己修復性をもつ高分子ゲルの設計

今任 景一, 大塚 英幸

接着の技術 2015, 35, 16-22.
3

動的共有結合を利用した完全自己修復性ポリマーの開発

今任 景一, 後関 頼太, 大塚 英幸

ファインケミカル 2014, 43, 13-20.
2

自発的な結合組み換え反応を利用する自己修復性化学ゲル

大塚 英幸, 今任 景一, 大石 智之, 高原 淳

工業材料 2013, 61, 53-56.
1

自発的に組み換わる動的共有結合を有する架橋高分子の合成と自己修復挙動

今任 景一, 大塚 英幸

日本接着学会誌 2012, 48, 156-162.

特許

4

光に応答して可逆的に表面相分離構造を変える細胞培養用基材

特願2019-006770, 特開2019-194305
3

チキソトロピー性を有するゲルを用いる多層3次元細胞培養足場システム

特願2018-083742, 特開2019-41755
2

導電性ポリマー層と細胞接着用ポリマー層とを含む多層膜からなる細胞培養用基材

特願2018-082903, 特開2018-196370
1

メカノクロミック材料

特願2012-203406, 特開2014-58606, 特許第6241702号

招待講演

2019年 11月

力や光に応答する機能性高分子材料の開発

2019年度 高分子・ハイブリッド材料研究センター(PHyM)若手フォーラム, 仙台
2019年 11月

Force-Reporting and Self-Healing Polymeric Materials Based on Charge-Transfer Interaction

The National Central University-Hiroshima University Joint Symposium 2019, Taoyuan, Taiwan
2019年 7月

Force-Reporting and Self-Healing Materials Based on Charge-Transfer Interaction

2019 Hiroshima University-Pusan National University Joint Symposium on Sustainable Materials, Higashi-Hiroshima, Japan
2019年 3月

Functional Polymeric Materials Based on Charge-Transfer Interaction

Asian International Symposium - Electrochemistry - in the 99th CSJ Annual Meeting, Kobe, Japan
2017年 11月

再生医療のための足場による細胞制御と組織構築

東京工業大学 大塚英幸研究室 5周年記念シンポジウム, 東京

受賞

2019年 10月 2019年度色材研究発表会 優秀講演賞
2019年 6月 新化学技術推進協会 第8回新化学技術研究奨励賞
2018年 3月 JXTGエネルギー 優秀研究賞
2017年 9月 第66回高分子討論会 広報委員会パブリシティ賞
2017年 4月 日本科学協会 2016年度笹川科学研究奨励賞
2017年 2月 井上科学振興財団 第33回井上研究奨励賞
2014年 5月 第3回JACI/GSCシンポジウム GSCポスター賞
2014年 4月 日本化学会第94春季年会 学生講演賞
2013年 11月 Japan-Korea Joint Symposium (JKJS) 2013 Poster Award
2012年 12月 The 9th SPSJ International Polymer Conference (IPC 2012) Young Scientist Poster Award
2012年 9月 第60回レオロジー討論会 優秀ポスター発表賞
2011年 9月 The 3rd Asian Symposium on Advanced Materials (ASAM-3) Outstanding Poster Award
2010年 11月 第47回化学関連支部合同九州大会 高分子化学若手奨励賞

メディア

2012年 10月5日 日刊工業新聞「伸びると色が変わる樹脂」
2012年 10月2日 日本経済新聞「壊れると変色する材料 九大・東京理科大が開発」
2012年 1月24日 Nature Chemistry (news and views)「The chemistry of self-healing
2011年 11月9日 英国王立化学会 Chemistry World「Radical approach to self-healing materials
2011年 6月3日 朝日新聞(夕刊)「自ら傷口なおす新素材」
2011年 5月24日 日経産業新聞「ゼリー状の高分子材料 刺激なくても亀裂自己修復」

助成

2020 ~ 2022年 小笠原科学技術振興財団 研究助成(代表)
2020 ~ 2021年 高橋産業経済研究財団 研究助成(代表)
2019 ~ 2021年 科研費 若手研究(代表)
2019 ~ 2020年 古川技術振興財団 研究助成(代表)
2019 ~ 2020年 池谷科学技術振興財団 研究助成(代表)
2019 ~ 2020年 藤森科学技術振興財団 研究助成(代表)
2019 ~ 2020年 文部科学省 卓越研究員(代表)
2018 ~ 2020年 科研費 挑戦的研究(萌芽)(分担)
2018 ~ 2019年 JST A-STEP機能検証フェーズ 試験研究タイプ(代表)
2018 ~ 2019年 早稲田大学 三菱マテリアル研究助成(代表)
2018 ~ 2019年 早稲田大学 特定課題B(代表)
2018 ~ 2019年 早稲田大学 特定課題基礎助成(代表)
2017 ~ 2018年 カシオ科学振興財団 研究助成(代表)
2017 ~ 2018年 泉科学技術振興財団 研究助成(代表)
2017 ~ 2018年 早稲田大学 JXTGエネルギー若手研究者奨励(代表)
2017 ~ 2018年 早稲田大学 特定課題B(代表)
2016 ~ 2018年 科研費 研究活動スタート支援(代表)
2016 ~ 2017年 日本科学協会 笹川科学研究助成(代表)
2016 ~ 2017年 早稲田大学 三菱マテリアル研究助成(代表)
2016 ~ 2017年 早稲田大学 特定課題新任教員等(代表)
2014 ~ 2015年 日本学術振興会 日本-スイス若手研究者交流事業(代表)
2012 ~ 2015年 日本学術振興会 特別研究員DC1・PD(代表)

コンタクト

所在地|〒739-8527 広島県東広島市鏡山1-4-1 工学部A-4棟6階 機能性色素化学研究室

Tel|082-424-7608

E-mail|kimatohiroshima-u.ac.jp

広島大学

工学部第三類

応用化学プログラム

機能性色素化学研究室

最寄り駅(JR西条駅)や所要時間など、詳しくはこちら

キャンパスマップはこちら